« 第17戦MOTOGPバレンシア- リカルド・トルモ 予選 | トップページ | チョコエッグ »

2006年10月30日 (月)

第17戦MOTOGPバレンシア- リカルド・トルモ 決勝

衝撃的です・・・。

ヤマハファンにとっては悲惨です・・・。

皆さんがご存知の通り、ヘイデンがチャンピオンに決定しました。あまりのショックに昨日のうちにレース結果を書く気になれなかった・・。

また別の日に書くけれども、筋肉痛の状態で心臓バクバクしながら応援していた。ロッシが転倒した時は目の前が真っ暗になり、走り出した時はリタイアする人が出だした時は『何しとんや!ヤマハ勢みんなペースダウンしてロッシの順位上げんかい!』って不謹慎な考えもしました。しかし、3位とはいえ今年のヘイデンらしい安定した走りで見事チャンピオン決定。まぁヘイデン自身はいい人らしいので、素直に祝福したいと思います。最後のウイニングランも素直に感動しましたし、苦労した甲斐があったね!って思いました。しかし、宿敵ホンダに負けたのはかなり悔しかったのは事実ですし、ロッシも最後の最後にミスってるところをみると、決勝前の絶好調みたいなコメントは半分ハッタリじゃったんじゃ?って思ったりします。その理由としては、決勝でハードめなタイヤを選んでるところ。もしタイヤにやさしいセットが出来ていれば、もうちょっと楽にレースができたんじゃないかと思う。あとはチームメイトのコーリンがイマイチだったところからです。今回はロッシを責められないんじゃないかとオイラは思います。だって、ヤマハは去年から、ロッシ以外でも乗りやすくするって言っていながら、かえって乗りにくいマシンにしているところがあったんじゃないかと・・。あまりにも他の援護が少なかった・・。ヤマハが得意としてたコーナリングマシンのアドバンテージが少なくとも陰を潜め、ロッシの技量に頼っていた部分があったんじゃないかと思うのです。29 30

p><にほんブログ村 バイクブログへ←みなさんの評価をお待ちしています!もちろん反論・同意意見もお待ちしています上のバナーをポチッとクリックしていただけるとありがたいです。

もちろんレースは結果ですし、タラレバは後からは何ぼでも言えるのは承知で言ってますが、あまりにも今年は楽なレース運びが出来なかったんじゃないかと思うのです。余裕のないロッシ・度重なる不運・すべてが重なったものだと思います。オイラはあえて言います。ヤマハはどっかで油断してたんじゃないかと。どっかでロッシが何とかしてくれると思ってたんじゃないかと。このままじゃ来年の800ccはかなり不安です。もうちょっとテック3を含めた改革が必要でしょ!本気でマシン開発をしないとホンダどころか、ドゥカティにも負けますよ!スポンサー次第なんて言わないで、勝てるライダーを確保しないと来年はもっと苦労しそうな気がします。現場レベルは大変なのはよくわかりますが、もっと本社レベルで頑張ってもらわにゃあいけんと思いますよ!よろしくお願いしますよ!ヤマハの社長さん!レース観戦するばかりじゃなく、もっと組織改革に踏み込んでくださいな(してるかもしれんけど・・)お金掛けてるホンダに勝てるのがロマンだったのに・・・。スミマセン・・。かなり憤慨したので、今までのレースを思い返し思ったことをダダダっとだらだら書きました。再来年、ロレンツォがヤマハに来てくれる様、切に願います!

|

« 第17戦MOTOGPバレンシア- リカルド・トルモ 予選 | トップページ | チョコエッグ »

コメント

こんにちわ。たまにTBさせて貰っています。
当方ブログは「ホンダ応援サイト」
そしてこちらは「ヤマハ応援サイト」と言うことで、
良い意味での刺激になっております。
当方ブログより勝手に「秀逸サイト」という事で
LINKを張らせて頂きました。どうかよろしくお願いします。

ロッシ取られて苦労しましたが(笑)
何とか2年振りに最高峰タイトルを取り戻しました。
しかし、ロッシのすばらしい能力は否定するに値せず。
マシンの信頼性が勝敗を分けたのかなと思っています。

能力1番のロッシが、もしかするとやや劣る能力のM1
に乗っているから、タイトル争いがおもしろいことも
事実として認めるところです。

投稿: nobbydeed | 2006年10月31日 (火) 18時44分

nobbydeedさんこんばんは。
ホントにチャンピオン取れなくて残念ですが、ロッシvsホンダユーザーではなく、ホンダvsヤマハvsその他(怒られるかな?)であって欲しいと思っています。正直このままでは来年は厳しいと思ってますし、ロッシ頼りではなく、ちょっとは実績のあるライダーなら誰でも早く乗る事が出来るマシン作りをして欲しいと思います。来年もお互いを尊敬しつつ応援しましょうね!こっちもリンク張らせてください。

投稿: K-PaPa | 2006年10月31日 (火) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188610/12493270

この記事へのトラックバック一覧です: 第17戦MOTOGPバレンシア- リカルド・トルモ 決勝:

» motoGPバレンシアGP [motoGP紀行]
 「レースにそもそも筋書きなど存在しない」  誰が「ロッシの転倒」を、そして「ニッキーの年間チャンピオン獲得」を予想できただろうか。  前のblogで「レースは何が起こるかわからない」と書いた。ただし「ロッシ有利」とも。  …そして、本当に予想外の出来事が最終戦で起こってしまった。  私はロッシがPPスタートで出遅れても、前のオートバイを抜きあぐねても、いずれ順位を上げてくる、と信じ切っていた。それが今まで私が観てきたレースでの「ロッシの強さ」。だから転倒した瞬間、「ロッシ自身に... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 23時55分

» [motoGP]ワールドタイトルはヘイデンとホンダの頭上に! [「ホンダとつかむ夢」~motorsports的blog~]
(新チャンピオンは、ヘイデンに決定!) 2006年motoGP 17ラウンドが全て終了した。 最終戦、バレンシアGPは、この時期としては珍しく 好天に恵まれた中、スペインはリカルド・ドルモで 29日決勝3クラスが開催された。 13年ぶ... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 00時21分

« 第17戦MOTOGPバレンシア- リカルド・トルモ 予選 | トップページ | チョコエッグ »