« 2007年MOTOGPストーブリーグその5及び合同テスト | トップページ | Aprilia注目の新機種 »

2006年11月12日 (日)

二輪車ETC利用説明会に行ってきました

会社の先輩に誘われ、二輪車ETC利用説明会に行ってきた。こういった堅苦しい話は正直苦手だが、アンケートに答えるとETCが抽選でもらえるみたいだったので、それにつられて聞いてみる事にした。まあこういった機会がないと詳しく話を聞く事もないし、NEXCOの人がどういった説明をするのか興味もあった。あとは、実際の2輪用のETCがここまで遅れた理由も知る事が出来ると思った。始まる前はどんなに人数が多いんだろうと思ってたが、やっぱりめんどくさいのは皆さん嫌いなのね。20人弱くらいしかいなかった。やっぱりアピール不足なのか、若い人は皆無だ(多分・・)。NEXCOの担当者も、”どうも忙しい中、来て頂きありがとうございました”と恐縮してた。どんな人が来ているのか観察してみると、結構一癖ありそうな人が多い。どこでも開いたとこに座ってくださいとの事だったので端っこに座って机の上をみると、今日の説明資料と日本無線製のETC機器パンフレットがあった。ごつくて大きいと聞いていたが、これが結構小さかった。これなら大抵のバイクでも置けそうだ。

Outline_pht

p><にほんブログ村 バイクブログへ←みなさんの評価をお待ちしています!上のバナーをポチッとクリックしていただけるとありがたいです。反論意見も是非!!

そうしてるうちに時間が来たので、NEXCO関係者・日本無線の担当者の方が来て挨拶し説明が始まった。内容については3点について説明があった。

①ETCシステムの概要について
②二輪車ETC本格運用開始について
③二輪車ETCの利用方法について

かなりのお役所仕事だと思ってたが、結構分かりやすく説明していただいたと思う。

日本無線の担当者さんも、正直な方で非常に分かりやすかった。これなら、ノイズの影響・振動・熱・安全性を勘案すると、このコストは仕方がないと思った。目先のコストに目がいって、ただ高い高いと言うのは簡単だが、4輪用だって最初は高かった訳だし、もうちょっと待てば、量産効果が出て1万円台に出来るでしょ。間違っても4輪用をつけて”自己責任だから”と都合のいい事を言って、トラブルを起こすなど他の通行の妨げになるようにはしないように。実際にそういった猛者がいたことも結構驚きだった。理屈ではつけられるとは思うが、堂々とこの説明会で言うのはどうかと思う。この人の知り合い(?)は、コストが高いからそうしたみたいなことを言ってたが、そういう問題ではない。是非やめて頂きたいと思う。あとは、ナビとかの併用・イモビに対しては”?”みたいだった。やはり、電波が関係するものが近くにあると、ETCゲートで認識しない可能性があるみたい。あと、アンテナはカウル内でもOKらしいが、少なくとも6cmは離さないといけないみたい。当たり前の話だが、電波がカウルで反発するらしい。あとは、カードの取り外しが防水を考えて結構めんどくさいので、これも要改良してほしい。Apriliaのシート下はECUもあるので、つけるとなると結構心配。現在は、BMWなんかはトラブルが出てるみたいなので気をつけた方がいいみたいっすよ。1時間弱でしたが、結構勉強になった。今後、こういったセミナーみたいのがあれば、参加するのいいかな。

|

« 2007年MOTOGPストーブリーグその5及び合同テスト | トップページ | Aprilia注目の新機種 »

コメント

BMWがNGなんて!!言っちゃあ何だけどこの手の外車ユーザーの方が装着率高いと思うんだけどね。ハーレーも07年モデルから全部EGIになる様だからやっぱりだめなのかねぇ。
ツーリングモデルに付けれないなんて「◯リープのないコーヒーなんて」状態ですね。
(古い!!)

投稿: 謎の通りすがり | 2006年11月13日 (月) 22時15分

謎の通りすがりさん、こんばんは!BMWは特にK1200シリーズなんかは場所も無いし、取り付けは大変と思いますよ。まぁオイラ的には、お金が無いから様子見なんですけれどね。バイクメーカーも、もうちょっとETC機器メーカーと協力してくれれば、バイクも売れていいと思うんですけれどね。

投稿: K-PaPa | 2006年11月14日 (火) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188610/12650849

この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車ETC利用説明会に行ってきました:

« 2007年MOTOGPストーブリーグその5及び合同テスト | トップページ | Aprilia注目の新機種 »