« 第18戦 MOTOGP バレンシアGP -リカルド・トルモ決勝 | トップページ | 東京モーターショー・レポ:version2 »

2007年11月 6日 (火)

2008年のヤマハ・ファクトリー体制についての発表がありました

2008年モトGP「フィアット・ヤマハ・チーム」体制について、発表がありましたね。ヤマハ・ファクトリーでロッシはブリヂストンタイヤを、ロレンゾはミシュランタイヤをそれぞれ使用する予定みたいです。ん~ブリヂストンどうなんでしょ?確かに今年の成績で考えるといいわけですが、それは結局タイヤに頼らざるを得ない裏返しなわけだし、やっぱり今後のことを考えるとブリヂストンとミシュラン2体制とはデメリットも多いと思うんですよね。

結局、マシン開発は2倍の工数がかかっちゃうんで、その分マシン開発(特にエンジン)が遅れるのではと思うんですよ。それより何より、ロッシを失ったミシュランはますますホンダ寄りの開発になるのではと思うので、テック3がミシュランユーザーになったからといって大きく改善されない気がします。

それよりもマシンの信頼性とパワーですね。

コーナリング勝負ではタイヤ負担が大きすぎます。

まぁどうなるか、まずは今日からのテスト(ロッシは20日間安静・・)ですね。

にほんブログ村 バイクブログへ

↑みなさんの評価をお待ちしています!

上のバナーをポチッとクリックしていただけるとはげみになります。

|

« 第18戦 MOTOGP バレンシアGP -リカルド・トルモ決勝 | トップページ | 東京モーターショー・レポ:version2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188610/16998896

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年のヤマハ・ファクトリー体制についての発表がありました:

« 第18戦 MOTOGP バレンシアGP -リカルド・トルモ決勝 | トップページ | 東京モーターショー・レポ:version2 »