« TW修理日記(その7) | トップページ | MOTOGP 2/25~26 セパン合同テスト結果 »

2010年2月26日 (金)

「新型スーパーテネレ」を欧州で発表♪

ヤマハは、1200ccのニューモデル「スーパーテネレ(Super Tenere / XT1200Z)」を欧州・豪州市場で2010年5月以降発売すると発表しましたね。

東京モーターショーで見た、布で覆われたオブジェ(?)みたいなコンセプトが展示されていましたが、それの量産バージョンというべきものでしょうか?もうちょっと、コンセプトモデルみたいにモビルスーツのようなモノアイ風なところとか、布で覆われたイメージを継承して欲しかった気がしますが・・。

1056

スーパーテネレは1980年代から90年代にかけて、パリダカールラリーのために開発された競技用マシン、およびそのベースとなった市販車の名称でもある。市販車は750ccで、1998年まで販売されたマシンのリバイバル。新型スーパーテネレは結構色々な技術が入ってます。それにも興味ありです。

エンジンは新設計の1200ccの水冷4ストローク並列2気筒DOHCツインプラグ・2軸1次バランサー・270度クランクエンジン(ボアφ98.0×ストローク79.5mm)を採用。最高出力80.9kW(110PS)/7,250rpm、最大トルク114.1Nm(11.6kgm)/6,000rpm。270度クランクにより慣性トルクの影響を最小限として、扱いやすいいトルク感、トラクション感を引き出しているらしい。

シリンダーは前傾26度として優れた吸気効率を確保。上方にエアクリーナーを配置。冷却性能とショートホイールベース、マス集中化を図るため左側配置のサイドラジエターを採用。 F.I.(フューエルインジェクション)を採用。

スロットルバルブの作動は「YCC-T」(ヤマハ電子制御スロットル)とし、MotoGPマシン開発からフィードバックしたトラクションコントロール機能を織り込んだ。後輪空転を検知して駆動力を最適化し、姿勢の乱れの低減や扱いやすい操縦性に貢献している。 ツーリング性能を支援するために、リニア制御のABSと「Unified Brake System」(前後連動ブレーキシステム)を採用。Unified Brake Systemは前輪ブレーキレバーの操作により、後輪ブレーキが追従して効力が生まれる機構。後輪ブレーキが前輪ブレーキより先に操作された場合、Unified Brake Systemはキャンセルされる。

そのほか、新設計フレーム、三元触媒採用楕円型ショートマフラー、軽量化に貢献するハイポイドギア採用シャフトドライブ、ソレノイド駆動による「Hi・Lo」切替えプロジェクターヘッドライト、トップケース装着などに対応する3WAY キャリアなどなど盛り沢山。

諸元は、全長2,250mm×全幅980mm×全高1,410mm、ホイールベース1,540mm、シート高845mm(Low)/870mm(High)、車両重量261g、、1,199cm3、セルフ式スターター、タンク容量23L、タイヤ:前110/80R19M/C 59V 後150/70R17M/C 69V。

色はビビッドパープリッシュブルーカクテルとシルバーの2種

日本での販売・逆輸入等については未定ですが、一度試乗してみたいなぁ~。

この手のバイクは乗ったこともないし、興味も無かったけど、最近ツーリングに使いたいなぁと思ってます。

1174

にほんブログ村 バイクブログへ

↑みなさんの評価をお待ちしています!

上のバナーをポチッとクリックしていただけるとはげみになります

|

« TW修理日記(その7) | トップページ | MOTOGP 2/25~26 セパン合同テスト結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188610/47673426

この記事へのトラックバック一覧です: 「新型スーパーテネレ」を欧州で発表♪:

« TW修理日記(その7) | トップページ | MOTOGP 2/25~26 セパン合同テスト結果 »