« アウディのロータリーは気になる!! | トップページ | ヤマハ『FZ8』を発表♪ »

2010年3月14日 (日)

TW修理日記(その7)


TWの復活を急ぐといいつつ、時間がとれなくて放置状態でしたけど、やっとキャブのOHです。

ほぼ全バラしました。

1179

にほんブログ村 バイクブログへ

↑みなさんの評価をお待ちしています!

上のバナーをポチッとクリックしていただけるとはげみになります

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

まずは、フロートを外す為にマークの尖っている方向へピンを抜く。このとき、無理して叩いてボディを割らないよう気をつける。ピンを外すと、ニードルバルブごとフロートが取れるので、落として傷つけないようにプラスティックケースなどに仮置きする。

その中にニードルバルブシートが見えるので、ラジペンで取り外す。幸いながら、フィルターに詰まりは無かった。Oリングも弾力があるのでそのまま使用。だって、Oリングを交換しようと思ったら、ASSY交換だって!何とかならんのかいなと思う。

1176

続いて?を取り外す。5mm以下の幅マイナスドライバーでないと工具が入らないので、今回購入したキャブ用ドライバーで緩めます。

1177

見た感じ、とってもキレイだけど、キャブクリーナーでありとあらゆる穴を清掃。小さい粉状のスラッジが出てきた。

1178_2

各重要部品のチェック。特に詰まりなどはなかったけど、キャブクリーナーで清掃。

1181_2

バルブシートを組み込んだあと、脱落防止(?)のバインドスクリューで固定

1183_2

メインノズルなどを組み込んだ後、キャブクリーナー後の燃調状態を確かめる目的で♯132から♯135に変更して組み付け。

1185_2

フロートピンを外した方向と逆方向に組み付け。ピンの先がテーパー状(丸で囲ってる)の方を軽くたたいて入れる。

1186

ほぼ組み付け完了

1187

 

フロートレベルの点検をしたら規定値10~11mmの範囲からずれてる9mmだったので、プレートを曲げて10mmに修正。

1188

フロートチャンバーのガスケットも交換。平らな方を下に組み付け。

1189

コースティングエンリッチャーのダイヤフラムを点検。特に破れはないけど、スラッジが溜まってるので清掃。1191

スタータープランジャーも清掃して組み付け

1192

ジェットニードルの先端を傷つけないよう、ダイヤフラムAssyを組み付け。もちろんダイヤフラムは破れがないか点検。

1193

清掃してキレイになりました。1194

手に入れた時すでに片方が折れてたsweat01注文しようにも単体での番号がない為、注文できず・・。さぁどうしよう・・・。

1195

このあと、バイクに取り付けて、ガソリンが入った状態でフロートレベルを確認。フロートチャンバー下のドレンから透明ホースを取り付け、燃料レベルを確認。

しばらく放置して燃料漏れが無いことを確認したら、エンジン始動~!

久しぶりだったけど、一発でかかりましたよ♪

次は近所を軽く試走して、パーシャルでの吹け上がりは確認。

コレで時間がなくなったので今回は終了~!

 

 

 

 

 

 

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

|

« アウディのロータリーは気になる!! | トップページ | ヤマハ『FZ8』を発表♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188610/47798097

この記事へのトラックバック一覧です: TW修理日記(その7):

« アウディのロータリーは気になる!! | トップページ | ヤマハ『FZ8』を発表♪ »