« 友人がSNSを初めましたんで皆さんもいかがですか? | トップページ | お知らせ »

2012年10月 6日 (土)

ヤマハが新型3気筒を発表!!

ぐっちさんから教えてもらったんですが、ドイツのインターモトで新型の3気筒Engが発表されたようです。

ヤマハの発表によると・・・

2013_yam_3cylinder

にほんブログ村 バイクブログへ

↑みなさんの評価をお待ちしています!

上のバナーをポチッとクリックしていただけるとはげみになります

この新コンセプトモデルは、二輪車市場での同社の今後の方向性と計画に関して重要なこととを表している。YZR-M1やYZF-R1の成功の背後にあるコンセプトは、クロスプレーン型クランクであることから、このことがヤマハの将来において重要な役割を果たすことが運命づけられている。

すべての3気筒エンジンに対して、新しい設計インスピレーションを与えてきた。ヤマハの新しいエンジンのコンセプトは、楽しく乗れる新しい地平を切り開くと信じている。

クロスプレーンの概念は、YZR-M1やYZF-R1のキャラクターであるrideablityを強化し、トラックとストリートで、それぞれの成功に大きな役割を果たしてきました。これらのバイクはほぼゼロに慣性トルクの撤廃によって作成された "クリーンな"トルク出力の直接の結果であるそれらの線形駆動力のために有名になった。それは新しい3気筒においてもヤマハエンジンの基礎を形成するクリーントルクを作成するために、不要な慣性トルクをなくすこのクロスプレーンの概念が必要です。

新たな挑戦のために、M1とR1のエンジンで特色クロスプレーンの概念に触発された、ヤマハは全く新しい3気筒エンジンを開発した。この新しいレイアウトに投資することで、ヤマハはそれ生かした全く新しい世界をもたらす新世代のパワープラントを作成した。

この軽くてスリム・コンパクトな新しい3気筒エンジンは、トルク・音と効率性の面でそのカテゴリーに新たな次元を追加するために設計されている。首尾よく2気筒と4気筒エンジンの正の特性を組み合わせることにより、ヤマハの3気筒はストリートにおいてもレースをほうふつさせるパフォーマンスをもたらす可能性を秘めている。

とあります。

つまり、ヤマハのレースで培ったクロスプレーン・クランクを用いた3気筒で、おもろいバイクを作るということですな♬

単純にコストを考えると、R1の4気筒を1気筒分取っちゃうのが簡単ですが、そうなると750ccになりますが・・。形から見るとデュアルパーパス的ですが、色々なバリエーションが出てくるのは当分先でしょうなぁ・・。どんなコンセプトのバイクがリリースされるか期待が膨らみます♬

|

« 友人がSNSを初めましたんで皆さんもいかがですか? | トップページ | お知らせ »

コメント

おお~!
デュアルパーパスですか~?
次期スーパーテネレもしくは次期TDM?
新TDM出てほしいな~・・・(゚▽゚*)

投稿: ぐっち | 2012年10月 6日 (土) 10時48分

ぐっちさんこんばんは!

単純にハンドル形状とホイールベースから考えてみたんですけど、12月のミラノショーでなんらかの進展がありそうですね!

次期TDMあるんじゃないですか?

楽しみデスねー!

投稿: カマ吉 | 2012年10月 8日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188610/55823034

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハが新型3気筒を発表!!:

« 友人がSNSを初めましたんで皆さんもいかがですか? | トップページ | お知らせ »